2014年03月25日

カナダで出産の利点

先日の出産記事に続いている感じなんですが、、
カテゴリー的には『医療』とは微妙に違う気がしたので
『子育て』というカテゴリーを作ってみました!


私の場合は1人目も2人目もカナダで出産。
1人目の時はカナダに来てまだ10ヶ月位でした。


英語もまだ全然話せないし、
(今でも話せないですが、最近は話せないなりに何とかなってます^^;)
不安も強くて、
実は初めは日本で出産する事も考えました。
(里帰り出産!遠過ぎ??^^;)


でも、カナダで出産すると
産まれた子供はカナダの国籍が与えられる
んですよね!!

別にうちは両親(私•主人)共に日本人だし、、
この頃はカナダに移住するとか全く考えていなかったので、
(今は旦那は惹かれているようです(笑))
別に国籍が与えられるとか興味が無かったんですが。。

国籍が与えられる
=直ぐにOHIPが使える
=ビザが要らない
というメリットに惹かれ、カナダで産みました。

逆に日本で出産した場合、
=産後赤ちゃんのビザを取得しないとカナダに戻れない
=勿論パスポートも直ぐに作らなくてはいけない
=カナダに来てからも、OHIP等ナド書手続きが必要
という訳で、色々面倒なんです。。

まぁ、本当は私は日本で産みたかったけど、
旦那に「手続き面倒だからやめてくれ!」
と言われた。。というのが本当の事実なんですが^^;


でも、この国籍
カナダに住んでいると意外と利点大きいんですよね!

例えば、アメリカに陸路で行く場合、
出生証明書がある子供達は入国審査が凄く簡単!
(私と主人が必要だから、大して変わらないとも言うけれど^^;)
I-94だっけ?の緑の紙の記入とか要らないし、
入国手数料?だか一人6ドル取られるのも、
娘を以前連れて陸路でアメリカに行った時には
「必要ない」と言われました。(係の人にね)

ただ、日本に一時帰国して帰って来た時に、
入国審査で日本のパスポートを提示すると
「カナダのパスポートは作らないのか?」
と聴かれる事が何度かありますが‥^^;

いつも「直ぐ日本に帰るから」とか、毎回説明しないといけないのが、英語ができない私には面倒な位。。( ̄ー ̄;

因みにこの国籍、

カナダでは問題はないはずですが、
日本では20歳になった時、どちらの国籍かを選ばなければいけないようです。
日本の国籍を選んだらカナダの国籍を破棄するように!との書類を、日本領事館に出生証明書を書きにいった時書かされました。。


何だか話が反れて来た気もしますが。。

とりあえず、私がカナダで出産した時に感じたメリットはこんな感じかな?
あ‥あと、OHIPのおかげで無痛分娩でも出産費用が無料だったのもメリットかな?^^
(日本だと無痛分娩だと+5万位はかかるみたいです)

また、他にも思いついたら後日追記します!^^


【子育ての最新記事】
posted by nao at 23:49| Comment(0) | 子育て
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: