2014年06月16日

カナダのマック W杯仕様

普段ニュースを見る事があまり無い私は全然実感がないんですが。。(;´▽`A``

最近は車に旗立て(恐らく自分の国を応援している)走っている車もよく見かけたり、
ワールドカップを応援するムードは外に出ると感じるようになりました!

昨日も補習校の待ち時間、マックに寄ったら、、


写真.JPG

テーブルがグラウンドになっていました煤S( ̄0 ̄;ノ

写真.JPG

↑ポテトの絵柄もFIFA♪

写真 1.JPG

↑これは先週位からですが、ハッピーミールの景品もFIFA( ´艸`)

上手く写真が撮れなかったですが、周りの飾り付けも色々されていました!

日本だと日本の応援モード一色な感じだけれど、
カナダは色んな国の人が住んでいるからか、
あちこちで色んな国の旗を見かけます。
車もだけれど、家の前とか、お店に掲げてあったり。

みんな祖国を応援しているっぽいです♪
移民の国だからかな??(・∀・)
でも、オリンピックはカナダマーク一色だった気がするんだけれど、、
オリンピックとワールドカップと何で違うんだろう( ̄ー ̄;

私がワールドカップに詳しく無いから知らない何かがあるのかな??(;´▽`A``

posted by nao at 02:05| Comment(0) | 日記

2014年06月17日

カナダのマックのお手頃品♪

補習校の待ち時間でよく利用するので、
やたら私のブログ出現率の高いマック。。(;´▽`A``


でも、我が家の場合は、時間つぶしの為の利用なので、
大体は飲み物+サイドメニューを頼む事が多いです。(・∀・)


日本だと、『100円マック』とか、ちょっとお手頃ですよね〜♪


カナダでそれに当たるのが、恐らくValue Picksというもの。

写真.JPG

↑写真の左下辺りにメニューがあります。

そこに書かれているのは$1.39で買えます♪( ´艸`)

例えば、
cone→ソフトクリームとか、、
アップルパイが2つとか、、
(2つも要らないんだけれど。。^^;)
Sサイズのポテトとか、
ベーコンチーズバーガーとか、、

結構、色んな種類があります(・∀・)


カナダに来て初めてマックに入った時に思った事は、
「マック、高!!」
と言う事。(笑)


私はいつも日本にいた時、ビックマックとか、
ランチ時に500円位だったのしか見た事なかったけれど、
カナダでは確か$7ちょっとかかったはず。。
(Taxとかもかかって$7超えだったような。。)

Harvey'sとか、個人経営のバーガー屋さんとか、
もっと同じ位の値段で、ボリュームがあって美味しいバーガー屋さんが沢山あるので、
そう思うと、マックって割高な気がするんですよね。。( ̄_ ̄ i)


皆さんも、マックを利用するときは、
お得なメニューを活用して下さいね!( ´艸`)

(根っからの貧乏性ですみません。。(TωT))


posted by nao at 20:24| Comment(0) | 日常生活

2014年06月19日

お手製ライスバーガー

カナダにいると、日本の時は外食していたものでも
売っていないものとかも結構多いですよね。。

カナダ生活が長くなるに連れて、
食べたいものは自分で作るという事が多くなりました( ̄ー ̄;


そんな食べ物の中の一つが、今回ご紹介する『ライスバーガー』♪
日本ではモスでおなじみだし、
冷凍食品なんかでも売っていますよね??

今回は日曜夜にご飯を炊くのが面倒で、冷凍ご飯を活用したくて作ってみました。
(そんな理由(;´▽`A``)

写真.JPG


写真.JPG

↑こんな感じ。

平たく伸ばしたおにぎりを醤油をちょっと塗ってフライパンで焼いて、
つくねと野菜炒めを挟みました( ´艸`)
つくねの味付けは照り焼き風♪
(醤油:みりん:酒=1:1:1)

ちょこっと面倒だけれど、なかなか美味しいし、
我が家では時々登場します!
(今回は久しぶりに作ったけど)

因みにポテトもジャガイモから♪

皮付きジャガイモを細切りにして、
片栗粉をまぶして油で揚げると、
皮の部分が香ばしく、片栗粉効果でサクッと揚がって
なかなか美味しいですよ♡( ´艸`)


‥日本にいる時はレトルト食品ばっかりで、
料理は全くと言っていい程ダメだった私。。(TωT)

でも、食べたいものを自分で作るしかない状態に追い込まれて、
色んな料理を作るようになりました♪
カナダに来て、面倒だと思う事も多いけれど、
自分の為にはなっているのかな??( ̄ー ̄;
(それなりに料理できるようになって来たし♪)

それにしても、カナダに来てから覚えた料理。。
和食と中華ばっかりだ〜〜(〃∇〃)


posted by nao at 21:44| Comment(0) | 日記