2014年03月24日

カナダの買い物カート

今日は、カナダでスーパーにお買い物に行った場合のカートの使い方について、
書きたいと思います。

日本だと買い物に行った場合、手持ちのかごを使う事の方が多いと思うんですが。。
カナダだと1つ1つの物が量が多かったりするので、
カートを使う機会も多くなります。^^;

例えとしてあげてみます
日本→カナダ
スパゲティー1袋300g→900g
サラダ油1L→3L

等、約3倍Σ(・ω・ノ)ノ!

まぁ、もっと小さいサイズも売っているのですが。。
かなり割高です(´・ω・`)
(日本でも小さいサイズは割高ですよね。。)

なので、重たいものを買う予定の時は、
カートを使った方が楽なんです!

そこで本題です。

日本だと、大体カート置き場があって、
そこからカートを持って来るだけですよね?

カナダでは例えるなら無料のコインロッカーのように
初めにお金を入れ、終わったら後でお金が返ってくる
というシステムを取り入れている所が多いです。

������.JPG

↑こんな感じ。

手前からお金を差し込むと、鍵が外れるようになっています。

金額はスーパーによって違う事が多いですが、
大体現地でよくあるスーパーだと25セント。
中華系や韓国系のスーパーは$1の事が多いです。

������.JPG

↑使い終わったらカート置き場に持っていって、
使う前に鍵が刺さっていた所に
前のカートに付いている鍵を差し込めば
お金が返って来ます(*^^*)

恐らくカナダはこの位しないと、
皆カートをそこら中に放置しちゃうから
こんなんになってるんですよね。。(´・ω・`)

COSTCOとかはカートにお金入れなくても
いいようになっているけれど、
結構駐車場に適当におかれていたりするし。。
(回収する人が集めていたりするけれど。。)

これもお国柄なのかな?:*:・( ̄∀ ̄)・:*:
posted by nao at 23:20| Comment(2) | 日常生活

カナダでの出産&無痛分娩D

いよいよ出産後の退院です。

前回も書きましたが、出産後大体1日で退院となります^^;

退院の前に、沐浴の仕方の説明や、オムツ交換の説明があります。

私の時は2回(1人目、2人目)共、何故だか沐浴が日本で言う『風呂桶』でした。。Σ(・ω・ノ)ノ!
私は2人共同じ病院で出産したので、もしかしたら私が出産した病院だけなのか、、
それともカナダがそうなのか、、
(でも、ベビザラス等で、普通の沐浴の浴槽が売っている位だし、その病院だけ!?)

看護師さんが沐浴桶とシャンプーを持ってやって来ました。
そして、産後初めての沐浴になります。

初めに桶でタオルを濡らして、、
赤ちゃんを横向きに抱っこして頭をタオルで濡らして洗って、またタオルを絞りながら頭を洗ってました。。
そして、桶にお尻だけつけた感じで体を流していました。。

一応私、日本では看護師の資格を持っていたので、(殆ど老人介護の仕事でしたが)
一応沐浴方法は知っているのですが。。
あまりのワイルドさにヒヤヒヤしながらも、
確かにそんな方法でも赤ちゃんが綺麗になったし、しかも短時間でおわれるし、
まぁこれもアリなんだろうな。。( ̄ー ̄;
って思いました!(笑)

カナダで暮らしていくには、生活習慣の違いも受け入れていかないと。。( ̄ー ̄;


そして、いよいよ退院!
の前に、、
日本と同じように、退院後の注意点の説明があります。

我が家は私も主人もあまり英語が出来なかったので、
「通訳いる?」と聴かれてお願いしました。

因みにトロントで何度か病院等で通訳をお願いしましたが、
(電話等の場合も多いですが)無料で通訳さんをつけてくれます。

なので、もし聴かれて、英語に自信が無い時には、
お願いした方が安心感もあるし、良いと思います(‐^▽^‐)

1人目の時はあまり大した説明が無かった気がするのですが、、
2人目の時には、
○1ヶ月は人ごみへの外出は避ける
○お風呂(沐浴)は2日に1回
(カナダは水質的に毎日お風呂に入れると、赤ちゃんの肌が荒れるからと言われました)
○お母さんは陰部の傷が早く直るよう座浴を1日4〜5回するように、とトイレにセットする変な形の桶を貰いました。


‥他にも何かあったかもしれないけれど、、
忘れちゃいました。。(何せ4年近く前だから^^;)

とにかく出産の入院の流れはこんな感じでした。

あと、大切なのは退院のとき!!

カナダでは赤ちゃんはカーシート(チャイルドシート)の3点ベルトのに座らせる義務があります。
「退院は車?」と聴かれ、「Yes」と答えると、
チャイルドシートを持って来るように言われます。

カナダではチャイルドシートは↓の様な形が主流になっています。

病院を退院する時にはこのチャイルドシートの上部だけを病室に持っていき、
そこに赤ちゃんを乗せて、ベルトの付け方や長さを担当の看護師にチェックをしてもらい、
OKだったら退院。という形でした。

一度目は知人から貰った日本でよく見る車に取り付ける形のチャイルドシートを準備していったんですが、
担当看護師に
「私が確認できなければ退院を許可できないから、この形のを持って来て!」
と言われ、慌てて主人が知り合いから借りて来ました。

しかも借りて来たのが型が古かったみたいでまた注意され、
「責任は持てない」的な事を言われました。

多分、国か州か市か分からないけれど、
退院の時は病院側に確認するよう、
なにか法律か決まりがある様な感じでした。

カナダは『子供を守る』という事に対してはかなり厳しいので。。
(後日別にカテゴリーを分けて、子育てについても書こうと思います)

そんな感じで、無事退院です♪(‐^▽^‐)

私の体験記なので、参考程度にして頂ければ幸いです!
posted by nao at 11:53| Comment(0) | 医療